無添加の間違いと低刺激化粧品とは

低刺激化粧品の多くは「無添加化粧品」と謳っています。
美白化粧品などにも無添加が謳われており、その多くに美白成分として「ビタミンC」や「クエン酸」が配合されています。
このビタミンC類、実は化粧品そのものの酸化防止成分も兼ねていると考えると「酸化防止剤無添加」であることに矛盾が生じてきてしまいます。
オーガニックコスメなどは、植物由来の成分ばかりを使用しています。
植物の恵みを化粧品に一挙に凝縮しています。
低刺激ですし、肌の悩みを根本的に解決してくれる商品が多くあります。
口コミや雑誌の低刺激化粧品特集などを参考に、あなたの一生のパートナーとなる無添加で低刺激の化粧品を探してみることをお勧めします。
顔のシミを消す方法って?化粧品口コミ暴露中!【本当に消えたのは?】